ファミリーカーとしてフィットを使い続ける理由

フィットファミリーカー
フィットファミリーカー

今年車検タイミングだったので、乗り換えを色々検討しましたが結局フィットに乗り続ける決心を致しました。

理由を記載していきますので、フィットってファミリーカーとして使えるの?と疑問に思っている方は参考にしてみて下さいね。

ファミリーカーとして候補に挙がった車種 フリード+、シエンタファンベース

乗り換えとして候補に挙がったのはファミリーカーとして鉄板でもある

  • フリード+
  • シエンタファンベース

です。

ポイントは共に5人乗りで荷物が載せられる点。

キャンプ、スキーなどに行き始めると荷物の搭載に頭を悩ませることになりますので、この2車種で探してました。

共に良い車なのですが、以下の理由から乗り換えを断念しました。

理由1:なかなか希望価格の中古車が出ない

子供も小さいので汚されるし、新車で購入してぶつけるとショックも大きいので中古で約3か月探しました。

予算は乗り出し130万円程度。そもそも価格設定に問題があると言われればそれまでなのですが、年間7,000km程度の旅行にしか使わない車に対してそこまで投資をしようと思いませんでした。

これぐらいの値段だと

  • 10年落ち (2015年~)
  • 60,000km程度

で探すと月1台程度は出てくるのですが、場所が遠くてそもそも販売してくれなかったり、気軽に見に行けなかったりでなかなか中古車が見つからなかったというのが大きな理由です。

また、ライバルはいるものでこれだ!!と思った車両はすぐに売れてしまう状況ですので、即決即断が求められるのも中古車の悩ましいポイントではあります。

理由2:フリード+はスタッドレスタイヤのサイズがフィットと異なる

これもお金関係になるのですが、フィット用のスタッドレスタイヤ(3年目)を持っているのですが、フリード+になるとタイヤのサイズが異なり、タイヤの買い替えが必要になります。

ホイールサイズは15inchで同じなので、ホイールは流用できるのですがタイヤの履き替えが必要で、約60,000円程度かかるのももったいないなというのも理由の一つでした。

車両買い替えの場合は、タイヤの流用含めて考える必要がありますね。

理由3:フィット(GP5)って意外に使いやすい車

フィットは荷物が積めないという点を除くとはっきり言って不満は無い車なのです。

長所を挙げると

  • 燃費が良い 20km/ℓ
  • 小回りが利く (首都圏の細い道路で運転しやすい)
  • 高速道路も余裕で走れる
  • クルーズコントロールが高速道路でかなり使える
  • パドルシフトは山道等のエンジンブレーキとしてかなり使える
  • コンパクトカーなので洗車が楽

という感じなのです。

年3回程度のキャンプの荷物搭載を我慢すれば、長所の方が上回っているのでこのまま乗り続けるのもありかなと思った次第です。

理由4:車乗り換え費用が無駄

乗り換えにかかるコストを挙げると

  • 検査登録手続き代行  30,000円程度
  • リサイクル法関連費用 10,000円程度
  • ETCセットアップ費用  4,000円程度
  • 書庫証明(自分で取得)  2,500円程度

合計50,000円程度は最低限かかります。これってオートバックスやイエローハットで車検1回分ぐらいの費用になりますよね。

これに、フィットを下取りで出すとそこでのいくらかの損失も含まれるので、やっぱり車は長く乗った方がコスパ良いなと思い、乗り続けることを選択しました。

理由5:ルーフボックス付け替え費用が無駄

荷物積載容量を増やすためにつけたルーフボックスも付け替える必要があり、ルーフバーは車種依存があるので新たに購入が必要になります。

ここでも部品、取り付け費用でおおよそ20,000円程度かかってしまうので、これまたコスパ悪いなと。

理由6:中古車を探すのに時間がかかる

中古車を探すとなると毎日カーセンサーとにらめっこして、気に入った車両があれば問い合わせ、電話でのやり取りと時間はかかります。

もちろん、必要な車のためなら必要な投資時間になるのですが、自分の場合は正直必須でもない状況だったので次第に時間がもったいなく感じるようになってしまいました。

まとめ

当たり前なのですが、車乗り換え時は明確な目的を決めましょう。

  • 何に不満を持って、車を乗り換える必要があるのか
  • 現状の車は本当に乗り換えが必要か
  • 何らかの手段(カスタムなど)で不満を解決することはできないか

という点を考えていけば、納得感のある車両乗り換えができると思いますので参考にしてみて下さいね。

中古車を探すコツ

なお、中古車を探すならカーセンサーが抜群におすすめです。車両数が多く、絞込検索もできますし、便利だなと感じたのは新着おしらせ機能です。

検索条件に合致する新たな車両が見つかったら、該当車種をピックアップしてくれる機能なので基本的に新規お知らせ機能で通知される車両を日々見ていくだけで済みます。

自分は各ディラーの中古車検索でも調べていたのですが、たまにカーセンサーに掲載されていない車種もあるようでしたので、時間がある方はディラー中古車のサイトも併用するのが良いと思います。

あと、意外だったのはトヨタではアウトレット中古車を専門に扱うサイトがあって、傷ありや過走行車を割安で販売しているようです。気になる方は「トヨタ アウトレット中古車」で検索してみて下さいね。