車 室内天井に収納を取り付けた

子供が車に乗ると上着や帽子おもちゃなど小物が散乱しますよね。ひどいと座席から落ちて足元にあったり…。

そういった小物をどうにか収納できないかなと思いたどり着いたのが天井収納です。トランクにものを置いてしまうと取る時に手間が増えるのでいいもの無いかなと思いたどり着いたのが天井収納でした。

基本的にトールワゴンなど背丈が高い車に取り付ける用途で考えられているようですが、コンパクトカーに取り付けたらこんな感じになるよというのを共有したくまとめてみました。

車 天井収納とは

良くあるのがネット式のものを天井に設置されている手すりにベルトで固定する方法。この手法だと重いものを収納するとネットが下がってくるという問題が生じますが、重量を考えながら収納すればそこまで問題にはならないと思います。

もう少ししっかりしたもので探すとTerzoの車室内キャリアバーというものがあります。これは釣り竿、スノーボードやサーフボードなどを室内に収納する際に使われるもので、これをDIYで収納を作る方法があります。

自分が収納するものは基本的に帽子、子どものおもちゃ、上着など軽いものなので、今回はネット式のものを購入してみました。

車 天井収納ネット外観

サイズ感:横×縦 = 100~150cm × 50cm でたいていの車には取り付けられるサイズ感ですね。

ネットにはチャックがついていて、メッシュの袋状になっているので落ちるのが嫌な場合はこちらのスペースに入れることもできます。通常はネットと天井の間にものを入れるという感じで使っております。

金額も安いのでぱっと見のつくりペナペナで少し安っぽい感じがあるのは否めません。

車天井収納ネット取り付けてみた

フィットGP5に取り付けるとこんな感じです。

ネットに何も載せないとそこまで邪魔にはならないのですが、少しものを置くと流石に自重で下にたるみができますが、バックミラーに入り運転に支障をきたすといったことはありません。

コンパクトカーでは高さが無くて厳しいかなとも思ったのですが、意外に載せる物を調整すれば十分使える感じでした。

車天井ネットのメリットデメリット

ある程度想定範囲内のメリットデメリットで、結果としては満足いく買い物だったと思います。知人を車に乗せなければ生活感が出てもそんなに問題にはなりませんので。

メリット

  • 車内が片付く
  • ものが無くならない
  • 子供がギャーギャー騒がない (スペースができるので)

デメリット

  • 生活感が出る
  • 収納するものによっては若干バックミラーに写り視界が悪くなる

まとめ

車内収納ネット、コンパクトカーや軽自動車に乗っていて収納が足りない方におすすめです。

そこまで高い買い物ではなく2,000円程度で効果を実感できますので試してみる価値は有りです!!