クーラーBOX AOクーラーズ24

キャンプ道具など

一通り、キャンプ道具をそろえた次に欲しくなるものはクーラーBOXではないでしょうか。
飲み物、夕飯&朝食の食材をキャンプ場まで持ち運ぶのに必要になります。

ハードタイプ、ソフトタイプ有りますが使わない時期の家での保管と車の収納容量からソフトタイプに絞って選びました。

結果は、AOクーラーズ24です !!

スペック

ソフトタイプ
使わないときにコンパクトになるソフトタイプです。
ソフトタイプは保温性能がいまいちという常識があるのですが、
AOクーラーズはソフトタイプの中でもピカイチの保温性能があるのです。

保冷性能
1泊キャンプなら全く問題なし。
ロゴス倍速凍結・氷点下パックLを1つ & 通常の保冷剤を1つ入れて使ってますが、飲料、食材を
保冷してくれます。
真夏(8月)にペットボトル飲料やビールを7時頃に入れ、17時頃に飲んでみましたが、キンキンに冷えてました。
ただ、流石に朝はキンキンとは言えず、冷たいな~と思えるぐらいの保温性能のようです。

大きさ
サイズは12、24とあるのですが既に所有していた友人に聞いたところ、ファミリーキャンプの1泊なら24で良いというコメントを信じて24にしてみましたが確かにこれぐらいの大きさで十分です。
・ペットボトル2ℓ×2本
・ペットボトル500mℓ×4本
・夕飯焼肉素材
・朝食パン、チーズ、ウィンナー
など入れても、まだ入る容量です。

我が家のfit後部座席のチャイルドシート間にちょうど入ってサイズ感的にもGOODです。

値段
14,300円(ポイント1,430円付与)
色々調べた結果ポイント10%付くビックカメラで購入しました。
少しお高いですが、スペックから考えると妥当かと。

競合
競合はロゴスハイパー氷点下クーラーだと思いますが、
保冷機能に確信を持てなかったのでAOクーラーズに決めました。

外観

クローゼットに収納する際は↓のように、折り畳み可能。
生地がしっかりしている&厚みがあるので、多少底面が戻りますが折りたためないよりはましです。


中はこんな感じ。
ロゴス倍速凍結・氷点下パックLを1つ入れて使ってます。

メリット、デメリット

メリット
ソフト:車でも家で収納するときも多少の詰込みがきくので便利です。
     ハードタイプだと一切伸縮しないのでサイズに無理があると一切入らないので。

デメリット
コスト:ソフトクーラーBOXの中では高いほうですが、コスパ考えるとこれぐらいは
妥当と思っております。

商品リンク

以下、参照してみてください。

その他キャンプ用品の検索はこちらから L-Breath