DOD アンコウスタンドRXレビュー

アンコウスタンド キャンプ道具など
アンコウスタンド

DOD アンコウスタンド(LP1-753-BK)を購入しましたのでレビュー致します。

  • LEDスタンドの検討
  • 釣り下げ式の食器ドライネットの置き場検討

されている方は参考にしてみて下さい。

スペック

  • 収納サイズ W15 x D44 x H3.5cm
  • ポール全長 170 x 直径1.0cm
  • 重量    780g
  • 耐荷重   1.5kg

多少重さ、コンパクトさに欠けますが、一本足のものでコスパが良さそうな商品を探してアンコウスタンドにたどり着きました。3本足は安定性があると口コミを見かけたのですが、夜などに子供が足を引っかけそうだったので選択肢から外れました。

外観

収納袋はかわいいロゴ入りです。

アンコウスタンド
アンコウスタンド


収納袋から商品を取り出すと、こんな感じです。フックが1つ付属しているのでこれにLEDランタンやドライネットなどを吊り下げます。ポールは5本に分解することが可能です。

アンコウスタンド
アンコウスタンド

使用感

使うときはペグの部分をハンマーで打ち付けます。一本足ランタンスタンドを使って分かったことですが、このペグ打ち重要です。ペグにポールを立てるのですが、ペグが少しでも曲がっているとポールも曲がることになり、見てくれが悪くなるのです。。。

アンコウスタンド
アンコウスタンド

ペグの部分を打ち付けた画像です。この画像からはあまりわからないと思いますが、実はこの状態でも多少曲がっております。なお、打ち付け深さは地面少し上にある突起部までが推奨のようです。その上の穴はペグを抜く際に使う穴になります。ペグ同様地面が固いと打ち付けに苦労することは一本足ランタンスタンドのデメリットでしょうか。

アンコウスタンド
アンコウスタンド

ポールを立ててLEDライトをつるした状態です。この画像を見ると分かると思いますが、地面に対して少し曲がって立ててしまってます。。。 これは慣れるしかないのかな。

アンコウスタンド
アンコウスタンド

ランタン吊り下げ部はこんな感じです。このフックにLEDライトなどを吊り下げることが可能です。夜はライト、就寝前に食器ネットを吊り下げて使ってみましたが、重さ含めて問題なく使えました。

メリット・デメリット

以上、DODアンコウスタンドRXのレビューを致しましたが、メリット・デメリットをまとめると

メリット

  • 収納がまぁまぁコンパクト
  • 設営はまぁまぁ用意
  • 値段も比較的安価
  • 子供がつまずく心配なし

デメリット

  • 地面に対して垂直に立てることが難しい
  • 地面が固いと設営難

になると思います。これまでテーブルにLEDライトをおいて夜を楽しんでいたのですが、邪魔で仕方がなかったので購入して大変満足しております。また、食器ネットもかけることができるので一挙両得ですね。 ではでは、ご参考にしてみて下さい。

購入検討は、amazonなどで試されてみて下さい。

比較対象

1本足ランタンスタンドでメーカー物で選ぶとすると比較対象に挙がるのが、スノーピーク パイルドライバー。 スノーピーク好きはこれ行ったくな気がしますが、DOD アンコウスタンドと比較すると

  • 高価 (アンコウスタンド比較で約2倍)
  • 収納サイズが長い (110cm。 ながっ。。。)
  • 重い (1.8kg。 おもっ。。。)

となっております。キャンプ始めると物が多くなってくるので、サイズ、質量は私にとってデメリットだったので選択肢から外れました。