ファミリーキャンプ 道具予算

ファミリーキャンプ道具 キャンプ道具など
ファミリーキャンプ道具

ファミリーキャンプ約2年目になって、道具も一通り揃いつつあるので実際どの程度かかっているかまとめてみたいと思います。ファミリーキャンプやってみたいけど予算が気になるな、という方いらっしゃいましたら参考にしてみて下さい。 勿論、こだわりによってはもっとかかることもありますし、逆に中古含めた安い道具でも我慢できる場合は安く仕上げることが可能なので、一つの例として参考にしてもらえればと思います。

道具図鑑

色々買ってしまったので、まずは道具を一覧表にまとめてみました。こうやって眺めるとだいぶ増えてしまいました…。

項目大分類メーカー商品名数量購入値段
ファミリーキャンプ
必須道具
テントモンベルクロノスキャビン41個\52,000
シュラフモンベルファミリーバック#13個\19,470
テントマットモンベルU.L. コンフォートシステム
キャンプパッド50 180
2個\26,400
テントマットモンベルフォームパッド ラージ1個\7,040
グランドシートモンベルクロノスキャビン4
グランドシート
1個\5,000
テーブルコールマンバタフライテーブル1個\17,600
チェアコールマンフォールディングチェア3個\12,219
チェアオガワツーアングルチェアS1個\8,800
クーラーボックスA.O.クーラーAOクーラーズ241個\14,300
Total①\162,829
次に買い足した
小物道具
ライトWAQLED LANTERN21個\9,980
クッカーモンベルアルパインクッカー
16+18 パンセット
1個\7,480
モンベルアルパイン
スタッキングプレート 20
4個\1,672
コップモンベルステンレス
サーモカップ 250
1個\1,650
コップモンベルサーモマグ 2003個\3,465
ポンプバックモンベルポンプバック1個\3,520
Total②\190,596
その次に買い足した
小物道具
ライトスタンドDODアンコウスタンドRX1個\4,350
コンテナアルバートルマルチギアコンテナ68L1個\8,690
ラックユニフレームフィールドラック2個\9,020
焚火台ユニフレームファイアグリル1個\7,500
Total③\220,156

何が本当に必要?

キャンプを始めると分かると思いますが、あれがあったら快適に過ごせるのにという点がどんどんと出てきます。物欲とお金と相談しながら進めるのが良いと思います。自分の場合は

  • ファミリーキャンプ必須道具
  • 次に買い足した小物道具
  • その次に買い足した小物道具

と大きく3回に分けて物を揃えていきました。

ファミリーキャンプ必須道具とは、テントやシュラフなど必ず使う必要のある道具のことを指します。なので、カップラーメンや紙コップを使えばおおよそ\160,000程度でファミリーキャンプが始められると思います。

ただ、これだと毎回使い捨て紙コップ、皿はもったいないな。カップラーメンは味気ないなど不満が出始めて小物道具を揃え始めることになりました。おおよそ満足できる環境になるためには、Total②で算出した\190,000ぐらいかかってしまうようですね。

で、そこから先は人それぞれになりますが、焚火をしてみたい。道具を効率的に車に積みたい。など欲求との戦いになるかと思います。そうすると結局かかるのは、Total③で算出した\220,000になります。

う~む、結構かけてしまいましたね…。(汗  

まとめ

ファミリーキャンプに必要な道具予算をまとめてみました。そろえる物によりますがおおよそ\160,000ぐらいからそれなりのキャンプを始めることができそうです。ちょっと高いという方は、中古含めて検討してみて下さい。私は、子供が巣立ったらメルカリなどで売却予定なのでそれを考えるとまぁ我慢できるかなという感じで物を揃えました~。

2024/1/23 追記
コールマンのフォールディングチェアをメルカリで売却してみました。
大物なので梱包が大変でしたが、実質2,000円で2年弱使えたので大満足です。
この数年でキャンプ道具の値上がりが激しいということもありますが。

最近気になる新ブランド TOKYO CRAFTS。創業は2020年で、クラウドファンディングで焚火台KUBERUを発表し反響を得たとのこと。名前のごとく日本のキャンプブランドでテントなども展開しているようなので参考にしてみて下さい。