新潟スキー場 比較

首都圏から関越道でアクセスしやすい、新潟県のスキー場についてまとめてみましたので、スキー場選びの参考にしてみて下さい。

ここでもファミリー(大人1人+子供2人 初心者)で滑り、奥様はレストハウスなどで待機といったケースを踏まえて取捨選択をしております。

新潟県のスキー場はやはり豊富な積雪量と広大なスケールではないでしょうか。色々なコースを滑ってみたい方にはうってつけのスキー場が揃ってますので是非滑りに行ってみて下さい。

舞子高原スキー場

塩沢石内ICから1分というアクセス抜群のスキー場。

広大なスキー場で魅力的なのだが、子供2人でペアリフトに乗れないファミリースキーには不向きなのが残念。

子供がある程度滑れるレベルになったら一度は訪れてみたいスキー場です。

移動時間3時間程度
高速料金3,210円 (土日) 練馬I.C. ~ 塩沢石内I.C.
リフト代大人:6,200円、子供:3,300円 (1日券)
大人:10,600円、子供:6,000円 (2日券)
大人:5,700円、子供:3,100円 (5時間券)
駐車場代1,000円 (平日、日曜日無料)

湯沢高原スキー場

湯沢ICから5分というアクセスの良いスキー場。

こちらもGALA湯沢とロープウェイでつながり広大なスキー場なのだが、駐車場から使えるのはペアリフト1本だけで、残りのコースはゴンドラを使って上に行く必要があり。

そうなってしまうと、母親が子供のスキー姿を見ながら待つところが無いので候補地から外れてしまうのが残念。

おそらく行くことは無いので、概要情報は割愛。

石内丸山スキー場

塩沢石内ICから5分とこちらもアクセスの良いスキー場。まぁまぁ広く、トリプルリフトも多いし、ゴンドラ使っても滑ることのできるコースが多くてめちゃめちゃ良さそう。

機会があれば一度は行ってみたいスキー場。

移動時間3時間程度
高速料金3,210円 (土日) 練馬I.C. ~ 塩沢石内I.C.
リフト代大人:6,500円、子供:3,600円 (1日券)
大人1人+子供2人セット:10,600円 (1日券)
大人:11,600円、子供:5,600円 (2日券)
大人:5,400円、子供:3,000円 (5時間券)
駐車場代1,000円 (土日)

リフト代は少しお高めだが、大人1人+子供2人の親子セットだとだいぶ安くなるので、何とか許容範囲かな。

日帰りが厳しい場合は、五十沢温泉ゆもとかんが距離的にもよさそう。
1泊 朝夕食込みで46,000円なり。

ガーラ湯沢スキー場

湯沢ICから5分とこちらもアクセスの良いスキー場。駅直結が最大の売りのスキー場なので、車で行くというよりは新幹線で行くユースケースの方が多い気がする。

こちらのスキー場も広大で、メインエリアに行くためにはにゴンドラ乗る必要があるので、滑らない奥様がいるファミリースキー候補からは除外。。。

けど、有名だし一度は行ってみたいな。

苗場スキー場

高速からは若干アクセスが悪くなるが、小学生無料がうれしいスキー場。

標高が低いエリアでも数多くのコースが準備されており、ママさんも気兼ねなく子供の滑る有志を眺めることができそう。

春スキーも楽しめそうでかなりよさそうなスキー場だ。

移動時間3時間15分程度
高速料金3,090円 (土日) 練馬I.C. ~ 湯沢I.C.
リフト代大人:6,800円、子供:無料!! (1日券)
大人:5,500円(5時間券)
駐車場代1,000円 (土日)

1泊する場合は苗場プリンスと行きたいところですが、だいぶお高いので猿ヶ京温泉あたりまで降りるとだいぶ選択肢が広がるようです。

例えばホテルファミリーオみなかみ<JR東日本ホテルズ>(旧:ファミリーオ新治)

JRが運営しているようで株主優待券での割引もあるようです。キッチンも備えていてかなり良さそうなホテルです。値段は朝夕食込みで47,484円ぐらいのようです。

苗場スキー場近辺にもペンション多数あるんですけど、ちょっと口コミも見当たらず泊まりにくいんですよね。

まとめ

豊富な積雪量と広大なスキー場が売りの新潟県スキー場を調べてみました。

奥様が滑らない大人1人 + 子供2人(初心者) ファミリースキーなので条件が限られるのですが、

  • 石内丸山スキー場
  • 苗場スキー場

が、楽しめそうなことがわかりました。

今シーズン、足を運ぶことができたら口コミを記載いたしますので、楽しみにしていてください。